文化・芸術

市橋豊美展

日本画の市橋豊美さんの個展が12月1日(水)~12日(日)新宿の京王プラザホテルのロビーギャラリーで開かれています。10時~19時(最終日は16時まで)無料です。

「動物たちからの贈り物」と題された個展。昨日行ってきました。そこには動物たちに対する愛情あふれた心温まる絵が飾られていました。ゴマアザラシやリスザルや子ひつじやバンビーなど、そのどれもが優しい色調と動物たちのつぶらな瞳でこちらに向かって何か語りかけてくれています。院展の展覧会場で見た絵もいくつかあり懐かしく再会できました。その中で特に文鳥の絵が気になりました。JACKのパパがまだ学生だった頃家に迷い込んできた文鳥の「トリチェリー」をことのほか可愛がっていたことを思い出したのです。淡い優しいバックと白い文鳥がなんとも可愛くて.じっと見ていると心が癒されます。どこにこの絵を飾ろうかな?JACKのパパの喜ぶ顔が目に浮かぶな~。ついに決心しました!4日前の誕生日プレゼントです。素敵な絵をありがとう!我が家の宝物にします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リサイタル

お陰さまでリサイタルを無事終えることができました!いつも温かく応援してくださいまして本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。会場から温かなエネルギーを感じ、まるでキャッチボールをしているかのように会場が一体になっている幸せを感じながら歌っていました。今回は初めて篠笛の坂本先生とのコラボもとっても嬉しかったです。最後に歌った「犬との誓い」どうしたら聴いてくださるお客さまの心に届くだろう?我が家のJACKのことを思いつつ、自問自答の数ヶ月でしたが、これからも命の大切さを歌い続けられたらと願っています。ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いのちのいのち

2か月ぶりのブログになってしまいました。ごめんなさい。いつも温かいコメントを載せてくださる方、私のブログを読んでくださる方、ご心配をおかけいたしました。9日後に迫ったリサイタルの練習や、案内状送り、印刷物の手配などの準備に毎日があっという間に過ぎてしまいました。沢山の方々に温かく応援して頂きまして本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。

今日11/11朝日新聞の夕刊(首都圏版)別刷りの「いのちのいのち」にソフトバンクのTVCMで有名になったカイ君の育ての親の(故)坂本さんの記事が載っています。JACKのパパの友人です。動物をこよなく愛し、すべての生命の幸せを願い続けた方でした。私が「犬の十戒」に心打たれ「犬のおまわりさん」で有名な大中恩先生に作曲をお願いして「犬との誓い」という素敵な曲が生まれたこと、そして今度のリサイタルでそれを初めて歌うことを話したら、毎日何百匹もの犬や猫たちが人間に見捨てられて殺処分されていることに胸を痛めておられ,「是非その歌応援するよ」と言ってくださったのでした。彼のインタビューが無事済みその1回目の校正刷りの時には彼は集中治療室に入っておられたのです。昨日まで元気だった人がとみんな信じられませんでした。彼が一番言いたかったラストメッセージだと思うと胸にジーンと響きます。最後に私のリサイタルのことも載せてくださったのです。謹んでご冥福をお祈りいたします。

「西田ちづ子」ソプラノ・リサイタル     

11月20日午後2時開演(1時半開場)津田ホール(千駄ヶ谷)       (全席自由)4000円                

ピアノ  塚田佳男     篠笛 坂本真理(賛助出演)

曲目 「万葉集」(本邦初演)あおによし~、他  伊能美智子 作曲

    「小倉百人一首」花の色は~、いにしへの~、他    〃

    「日本民謡」ずいずいずっころばし、大島節、五木の子守唄他

    「パリ旅情」                 高田三郎  作曲

    「夢色の風にのる猫」           大中 恩  作曲

    「犬との誓い」~犬の十戒より~「委嘱初演」大中 恩  作曲

一部では、篠笛とのコラボもあります。

感謝の気持ちを込め歌わせていただきます。

ご興味おありの方、お聴きいただければ嬉しく存じます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「犬との誓い」

すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。1カ月ぶりのブログになってしまいました。皆様からの温かいコメントに励まされながら、11/20のリサイタルに向けて練習したり、7/31~8/8まで富山県で開かれていた「福光声楽・サマーセミナー」に参加したり、その合間には風邪をひいたり、あっという間の1ヶ月でした。

今度のリサイタル後半では、熊井明子さんの詩に大中恵さん作曲の「夢色の風にのる猫」という6曲からなる組曲を歌います。大中恵さんと言えば、「さっちゃん」や「犬のおまわりさん」で有名な作曲家ですが、猫好きにはたまらない猫ちゃんの魅了がちりばめられた可愛い曲です。ところで、「犬の歌」はないのかしら?と探してみたら「犬の十戒」という英語の作者不詳の詩が見つかったのです。2~3年前「犬と私の10の約束」という映画や、本にもなったのでご存知の方もいらっしゃるのではないかと思いますが、心ない飼い主によってかわいそうな運命が待っているワンちゃんたちに胸が張り裂けそうになりました。そうだ!大中先生にお願いしてこの詩に曲をつけていただこう!拙い私の訳詞ですが、この日のために「犬との誓い」という素敵な曲が生まれました。幸せな犬ちゃんが増えますようにとの願いを込めて歌います。どうぞお聴きくださいませ。

そうそう、今日8/10(火)夜9時からBSジャパン「犬と私の10の約束」が放映されます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

葉山マリーナ

友人Hさんのご主人さまの大学の同窓会逗子葉山支部の総会が逗子マリーナで昨日開かれました。年に2回、私も伺うようになって2年ほどになります。平均年齢82歳?位。顔なじみの方が見えないとお元気かしら?と気になります。最高年齢92歳、かくしゃくとされていて驚きました。富士山は今回は見えなかったのですが、ヨットや海や最高の眺めです。それをバックに伊能美智子先生作曲の百人一首から「花の色は~」と坂本良隆編作曲の「相川おけさ」を歌いました。総会の会計報告の後は「日本書紀の神話の源流」のお話。そして美味しい中華のランチに舌鼓を打った後は恒例のHさんのハワイアンバンドと一緒にみんなで楽しく歌いましょう!「山小屋の灯」「バラが咲いた」「涙そうそう」「上を向いて歩こう」~歌っている間はみんな青春にタイムスリップ!楽しい時間は瞬く間にすぎてお開きとなりました。また来年お目にかかりましょう!お元気で!こころもおなかも満たされる一日でした。ありがとうございました。

前回の「父の誕生日」のコメントたくさんありがとうございました!父に話したらとても喜んでいました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

11月20日(土)2時 リサイタルに向けて!

「次女の結婚式」に沢山の方々からコメント頂きまして誠にありがとうございました。お陰さまでモーリシャスやドバイの2週間のハネムーンから戻ってきたと元気なメールが今朝届きました。父もこのところ元気でホッとしたのか、先週は私がエネルギー切れでダウンしてしまいましたが、やっと元気になりました!これから秋のリサイタルに向けてまっしぐら頑張ります!2年前と同じ塚田佳男先生のピアノ伴奏で、津田ホールで午後2時からリサイタルを開きます。

まず、伊能美智子先生作曲の「小倉百人一首」をどうしても篠笛とも共演してみたかったのです。いつもピアノ伴奏で歌っているのですが、100曲の中にはフルートと演奏する曲がiいくつかあるのです。もしこの曲を篠笛と一緒に数曲演奏できたらどんなに素敵か、と思ったのでした。いつも私のブログにコメントを下さる「篠笛さん」「撫子さん」「梅さん」の篠笛の先生でもある坂本真理先生にお願いしたら快く引き受けてくださって、先日伊能先生のお宅に一緒にレッスンを見ていただきに伺いました。思った通り凛とした響きの中に優しさ奥ゆかしさが溢れて二重唱をしているようでした!今、伊能先生はフルートの部分を篠笛用に手を入れてくださっています。出来上がるのが今から楽しみです!感謝です!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

作曲家 木下牧子さん

木下牧子さんの日本歌曲ばかり集めたコンサートが開かれます。

日時  4月17日(土) 5時半開演(5時開場)

会場  奏楽堂(上野公園内)  

入場料 3000円

木下牧子さんと言えば、コーラスで今人気の作曲家です。今回はソロの曲ばかりをリラの会のメンバーが歌います。私も大好きな作曲家のお一人です。どれもメロディーやハーモニーが美しくピアノと絶妙なかけあいの中、不思議な展開をしながら詩が生き生きと歌いあげられるように作曲されています。歌えば歌うほど奥深く、木下さんの頭の中はどうなっているのかしら?と覗いてみたくなります。

17日は2時からリハーサルで木下さんに聴いていただけるそうです。どんなアドバイスをいただけるか!? ドキドキですが、その後  5時半から始まるコンサート本番に備えて集中します。コンサートでは、木下さんのお話もうかがえるそうでそれも楽しみです。私は「C、ロセッティの4つの歌」より「私が死んでも」「夏」「もう一度の春」を  7時ごろ歌う予定です。

ご興味おありの方はどうぞお聴きくださいませ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

第24回書陵展

第24回書陵展のご案内です。

会場 アートガーデンかわさきリパーク3F

(Tel、044-200-1415)無料です。

会期 平成22年4月13日(火)~4月18日(日)

午前10時~午後6時30分

 ただし初日13日は午後2時より。最終日18日は午後4時まで。

友人の入江和枝さんが今年も出展されています。私は毎年見に行くのを楽しみにしています。柔らかさの中に情熱がこもった巧みな筆さばきに圧倒されます!今年は漢字と仮名2点出展されるそうです。漢字は鎌倉のお寺の庭にたくさんの草木花が静寂な環境の中に無心に植わっているのに感動して5文字(異なる書体を交えて書く書法)で挑戦されたとか。仮名の方は江戸時代末期の歌人 橘曙覧の独楽吟「楽しみは、、、、」で始まる歌を3首扇面に書かれたとか。 書も奥が深いですね!私は今週はコンサート本番が続くので最終日の18日に伺います。ご興味おありの方は是非どうぞ!力作ばかり静寂の中からエネルギーをもらえます。楽しみにしています!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

[紀の國の歌」

4月14日(水)音楽の友ホールで夜7時から「日本歌曲と音の魔術師たち」に作曲家の信時潔没後45年に寄せてコンサートが開かれます。私達リラの会(師匠の関定子先生の門下生)9名で信時潔さんの合唱曲「紀の國の歌」を歌います。山部赤人や柿本人麿など昔教科書に出てきたような歌人の五七五七七の6曲の歌からなる合唱曲です。二部や三部やまた斉唱だったり、なんと素晴らしい曲か!今回は指揮者が畑中良輔先生、ピアノが塚田先生とあって今夜の練習にも気合が入っています。メンバーのNさんはお料理上手!毎回それもお楽しみなのです。今夜のおやつは手づくりキッシュ!その他にもトマトの差し入れ!どちらも最高!前回はお稲荷さんそれもみんなの体重?を考えて詰めものはご飯の代わりにヒジキやゴボウやお野菜尽くし、その前はコロッケ、JACKのパパの大好物でお土産に1つ頂いたりして、ありがとう。練習の後はみんなで一杯!私は明日レッスンが入っているのでホットウーロン茶で我慢。みんなでわいわい言いながらの焼き鳥!そんな仲間に支えられながら楽しく歌えることに感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

素晴らしかった「英国イートン・カレッジ聖歌隊」!

昨夜池袋の東京芸術劇場大ホールで「英国イートン・カレッジ聖歌隊」のチャリティーコンサートがありました。会場はお客様でいっぱいです。皇太子殿下ご臨席で演奏会が始まりました。先ずはお琴と尺八による地唄古曲の唄物「石橋」「琉球民謡による組曲」。普段耳にする機会が少ない音色にすっかり魅了されてしまいました。お琴も長くて低い音が出るお琴があるのですね。そんなことも初めて知りましたが、なかでも琉球の独特のリズムがとても新鮮でした。その後いよいよ聖歌隊の演奏です。40人の団員の素晴らしいハーモニーのミサ曲から始まりました。13歳から18歳までの団員で構成されているそうですがボーイソプラノの天使のような声と男性の声が見事に調和し英国イートン・カレッジ聖歌隊の歴史を感じました。東京芸術劇場のモダンなパイプオルガンの演奏も素晴らしかったです。日本の歌の「赤とんぼ」「荒城の月」アンコールの「さくら」そのどれも編曲が斬新で圧巻でした。聖歌隊の心地良いハーモニーに酔いしれる一夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧