« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

春の院展&書陵展

久しぶりにひどい風邪をひいてしまいました。微熱は続くし2週間以上も気管支炎からのゼロゼロ咳に悩まされ、コンサートも初めてキャンセルしたり、カルチャースクールの講座もお休みしてしまいました。歌えないってこんなに悲しいんだと改めて健康のありがたみを感じました。

4/11(月)春の院展最終日,今回は無理かも、と諦めかけていたのですが、出かけることができ嬉しかったです。お目当ては市橋豊美画伯の「シャボン玉」(ゴリラ)。優しい虹色のシャボン玉とゴワゴワした大きな手、硬そうな全身の毛と背中と腰の曲線美、そして愛くるしい瞳、何を思っているんだろう?そのコントランスの面白さと画面いっぱいから溢れてくる愛情!いつもながら感動!

4/12(火)書陵展初日。その後みんなで夕食例会。これも諦めかけていたのですが出かけることができて本当にラッキーでした!

会場 アートガーデンかわさきリパーク3階(Tel044-200-1415)JR川崎駅東口

会期 4/12(火)~4/17(日)10:00~18:30(最終日17日は16:00まで)

主催 日本書法芸術協会  無料

お目当ては、おはなし会WE(West&East)の入江さんの書。今年は還暦記念もあって調和体の 「跳」 のびやかに飛んだ跳の字の空間にサミュエルウルマンの詩「青春」がさらさらと書かれている。

年を重ねただけで人は老いない 理想を失う時初めて老いがくる   人は自信と共に若く失望と共に老ゆる

情熱的で力強くてそしてしなやか!芸術的な書に毎年ほれぼれ見とれてしまいます。

その後はいつものようにみんなでワイワイ言いながら乾杯!みんなのビールを横目で見ながら私だけは熱燗ならぬ熱ジャスミン茶!病み上がりの悲しさですが、、、食欲も出てきてどれも美味しかった!友達のありがたさ、いっぺんに元気になりました。心癒される二日間。みんなありがとう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »