« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

朝日新聞朝刊「あの人とこんな話」

今朝久しぶりに書いたブログがこんなに悲しい大地震についてになろうとは、想像もしていませんでした。21世紀の今日になっても天災の前には人間はなんと無力なんだろうと誰もが思われたことでしょう。

そんな中、朝日新聞朝刊(3/21)の「あの人とこんな話」に「犬との誓い」がうまれたいきさつや、私の音楽への思いなどのインタビュー記事が掲載されました。その記事をご覧下さった方々から温かい励ましのお電話やメールをいただきまして本当にありがとうございました。人や、人と動物との絆が薄れ、どこか心の通い難い世の中になってきていますが、歌には理屈も垣根もなく真っすぐ人の心に投げかけられるのではないでしょうか?私はその力を信じてこれからも心を込めて歌ってゆきたいと思っています。

ホームページ http://naks.biz/nishida/

 を開設いたしました。ご覧いただけましたら嬉しく存じます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

東日本大地震

この度の東日本大地震でお亡くなりになられた方々のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

3月11日午後2時46分、地下鉄三田線日比谷駅ホームに到着する直前車体がグラッ!と大きく揺れました。すぐホームに降りましたが、次々襲ってくる長い激しい揺れ!その日は自宅まで2時間半かけてようやくたどり着くことができました。刻々と伝わってくる未曾有の大惨事。テレビを見るとその恐ろしい映像が映し出され胸が締め付けられます。そして次々放送される予断を許さない原発事故の恐ろしさ。避難所から伝わってくる健気な姿。命がけで戦っている現場最前線の救援隊や、放水活動の方々。日本中、世界中からの熱い支援やがんばれエール。そのどれもに心打たれる日々です。では、今私にできることはいったい何なのか?自問自答を繰り返す中、昨日、パーシモン大ホールで、地元目黒クラシック音楽協会主催のコンサートがチャリティーという形で開かれました。私は「犬との誓い」をかけがえのない命や絆に思いを込めて歌いました。このような時にも関わらず多くの方に来ていただきお陰さまで収益金やたくさんの義援金を被災地に寄付させていただくことになり、人の温かさに触れることができました。本当にありがとうございました。復旧を経て復興までには長い時間がかかると思われますが、こんな時こそみんなで力を合わせ乗り越えてゆきたいと願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »